武蔵小杉新聞は武蔵小杉の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

勉強カフェ武蔵小杉スタジオってどんなとこ?

勉強カフェは、2008年に東京・千駄ヶ谷の雑居ビルの一角にひっそりと生まれたのがはじまりで、今では首都圏を中心に、北は北海道から南は沖縄まで全国30店舗まで拡大しているそうです。

そして、ついに!我が武蔵小杉にも
先月11月19日にオープンしました!

 

仕事が出来るスペースを以前からずっと探していた編集部は、
興味津々で、実はオープン前に同社の広報担当の寺本さんに一足早くお話を伺ってきました。

 

武蔵小杉新聞
ありそうで なかった「勉強カフェ」はどのように生まれたのですか?

寺本さん
コワーキングがまだあまりない12 年前、創業者自身が勉強をする際に
図書館やカフェでは満たされず大人が存分に勉強できる場所を探したのが
きっかけで生まれました。

武蔵小杉新聞
たしかに社会人が勉強しようと思ったときに場所を見つけるのはなかなか難しいですよね。

武蔵小杉新聞
どのような人が利用していますか?

寺本さん
20~40代の会社員の方に多くご利用いただいています。
※ご利用は高校生以上から。
また、 コワーキングスペースと違い起業を目指すというよりは、
自分自身のスキルアップを目的に利用する人が多いですね。

武蔵小杉新聞
仕事でも使えますか?

寺本さん
テレブースも設置予定ですので、 お仕事場所としてもご利用いただけますよ。

お話を伺った両国スタジオでは、 壁に個々人の目標が掛かれた紙が貼ってあり、
目的意識を持った人たちが集まっている様子が垣間見れました。
一緒に勉強する仲間が増えていくのも楽しそうですね !

 

そして、
いよいよ武蔵小杉スタジオツアーへ!!!

マネジャーの鹿取さんにスタジオ内を案内してもらいました!

まずは、ドアを開けてすぐに広がる開放感のあるおしゃれなラウンジスペース♪

 

スタジオ全体

色々なスペースがあるので、集合デスクや一人用、窓側のカウンターなど、
その日の気分に合わせて選べるのもいいですね。

もちろんコロナ対策もバッチリ♪

コロナ対策

スタジオ内のマスク着用や入店前のアルコール消毒、
病院でも使われている最新の換気システムロスナイも導入されています。

 

入口横にあるフリードリンクコーナーも充実♪

ドリンク

ビルの1階にはカフェもあったり、隣のビルの1階にはまいばすけっともあって、
飲食には困りませんね。

急な仕事の電話にも安心なTELブース♪

テレスペース

頑張る時は集中スペースで♪

集中スペース

パーテーションが 高くて隣の人が全然気にならなかったですよ。

座り心地抜群なチェアー♪

椅子

長く座ってても おしりが 痛くない!

スタンディングデスクも完備♪

スタンディング

腰痛持ちにはうれしいですね!

眺めのいいテラスでリラックス♪

テラス

目の前は小学校のグランドで抜け感があり、
ちょっとした気分転換にもいいですね!
夜はタワマンの高層ビル群が見えて夜景が綺麗ですよ!

鹿取さん
勉強カフェは大人のための勉強場所で、
テレワークや資格取得のための勉強や読書など様々な用途でご利用いただいています。
自分自身のスキルアップや目標達成のために、私たちのスペースをご利用いただけると嬉しいです。
まずは「無料見学会」や「2時間トライアル」でスタジオの雰囲気をぜひ感じてみてください!

気になる料金やお問合せはコチラから↓↓↓
https://www.benkyo-cafe.net/studio/musashi-kosugi/

武蔵小杉新聞
想像以上に居心地の良い空間でした。
学校や会社と家の中間、いわゆるサードプレイスの必要性について言われていますが、
今年は更に新型コロナウイルスにより、テレワークを導入する企業も増えて、
ますますこのようなスペースの需要が高まっています。
料金もお手頃で検討してみる価値は十分あるなと感じました。

鹿取さん、ありがとうございました!

ポスター

 

〈店舗情報〉
勉強カフェ武蔵小杉スタジオ
住所:211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町2-226-4 オフィスム武蔵小杉3F
URL:https://www.benkyo-cafe.net/studio/musashi-kosugi/
電話:044-322-8772
営業時間:[平日]7:00-22:30/[土曜日]7:00-22:00)/ [日曜日・祝日]7:00-20:00
※平日7:00-12:00・16:00-17:00/土日祝7:00-10:00のあいだは 無人営業時間帯のため、
ご見学・お手続き・ビジター利用は受付できません

 

 

Share (facebook)