武蔵小杉新聞は武蔵小杉の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

消しゴムはんこ作り体験してきました!

新丸子の路地裏に昨年オープン(2019年7月)した

「エピリリ」さんでワークショップに参加してきました。

今回参加したのは
「消しゴムはんこ作り」です♪

そう! 店主の牧野さんは消しゴムはんこ作家さんなのです。

多くの作品がお店に並び販売されています!

エピリリ01

まずは「消しゴムはんこ教室」の話から。

今回おなじテーブルを囲んだのは4人。

そのうち初参加は武蔵小杉新聞と男性1人。

他のお2人は定期講座の生徒さんでした。

さあ、消しゴムはんこ作りスタート!

エピリリ02

はじめは簡単な図形を削っていきながら

デザインカッターの使い方や動かし方のコツを

先生が丁寧に教えてくれます。

それを真似ていくだけなのですが最初はやはり難しい。。。

力のいれ加減が分からなく

絵柄を削りすぎてしまいそうになり

ハラハラしっぱなし!

エピリリ03

直線はまだいいのですがカーブや折り返しの所などは思わず

息が止まるっっっ!

って感じに。

肩にもよく分からない力が入り首が、、、

先生も「この作業は首をやっちゃう方が多いので

皆さん自分用の台など作って首に負担がかからないように

工夫していますよ〜」との事。

やはり慣れている方でもこの細かい作業を続けると

首や肩が凝るのですね。

練習用の図形が彫れたら

早速スタンプして出来栄えをチェック!

あれっ? 線が曲がってる!?

エピリリ04

直線だけの星を彫ったのに~。 へったぴ〜(笑)

線や彫り残しを調整していきますが、

あまりやり過ぎると図形がどんどん

小さくなっていってしまいます。

まあ始めてだし、ご愛嬌ってことで♪

二つ目はもう少し複雑なモチーフにもチャレンジ!

武蔵小杉新聞は「くじら」にしてみました。

エピリリ05

教えてもらったコツを忘れないように慎重にトライ!

いちばん細い目の部分は

おそらく息はしていなかったと思います。

テストスタンプして出来栄えを調整し、完成!!!

トートバッグか手ぬぐいを選び

自分だけのオリジナルグッズの出来上がり!

エピリリ06

う〜ん、これは楽しい!

先生が作った「はんこ」も使わせてもらったお陰で

完成度がかなり上がり満足です♪

エピリリ07

家でも作りたいので材料を購入し

早速色々楽しんでしまいました。

「消しゴムはんこ」は自宅でも

すぐに始められる手軽さも魅力でおススメです!

 

こんな楽しいワークショップを開催してくれた牧野さん、

いかにも作家さんっぽいクリエイティブな見た目ですが、

そもそも

「なんで消しゴムはんこ作家になったんですか??」

お店を作るまでの経緯を伺いました。

「消しゴムはんこ」に出会ったのは今から3年ほど前。

お勤め時代に偶然「消しゴムはんこ」と出会い興味を持ち、

すぐに通信講座を始めてインストラクターの資格を取得したそうです。

そこから作品をイベントに出店したり、ワークショップを開催したりと

精力的に活動を行っていたところ、

新丸子の雑貨店が閉店されると聞いて

お店を構えることを決意。

消しゴムはんこに出会って3年でお店を持つなんて

すごいスピード感ですね~(感心です)

エピリリ08

店内にはハンドメイド作家さんの作品も多数並んでいます。

「消しゴムはんこ」だけではなく、アクセサリー、かばん、洋服などなど。

手作りを楽しめるみんなのお店として

温かみのある可愛らしいお店になっています。

エピリリ09

エピリリ10

ワークショップなども頻繁に行われていますので

興味のある方はホームページをチェックしてみてくださいね♪

3月には牧野さんが参加する展示会もありますよ!

第10回けしごむ・はんこ・てん!
https://www.hinodewashi.co.jp/news/20191203-2/

※ご注意ください)現在コロナウイルスの影響でイベントが

中止・変更等される可能性があります。

詳しくは上記ホームページにてご確認ください。

 

店舗情報★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
エピリリ
住所:〒211-0006 神奈川県川崎市中原区丸子通1-640 ブライトコーポ103
URL:https://epilyri.com
電話:044-948-5451
営業時間:11:00 〜 17:30
定休日:月、祝(日曜不定休)
◆お試しレッスン 1,800円(税込)

Share (facebook)